司法書士の業務内容について

司法書士の業務内容について

司法書士の「不動産登記」業務とは                                 
●不動産登記とは
「不動産登記」とは、土地や建物の所在地や地籍などの物理的現況と、所有者の住所や名前、
担保権などの権利関係を登記記録に記載すること
をいいます。
登記記録を一般公示することは、不動産取引(土地や建物の売買など)の安全を助成する役割があります。
司法書士は不動産を含む”登記の専門家”であり、不動産登記に関する書類製作や申請などの手続きを
円滑に進めることができます。
 
不動産登記を依頼するケース・・・
司法書士に不動産登記を依頼するケースで多いのが、新築や中古の不動産の売買に伴う
<所有権保存><所有権移転>、親族が亡くなり土地や一戸建て、アパート、マンションなどの
不動産を受け継いだ相続人が不動産の名義変更をする<相続登記><相続手続き>
住宅ローンを組む時に金融機関が担保にするときに必要な<抵当権設定登記>
住宅ローンの返済が完了したときの<抵当権抹消登記>などです。
 
●相続登記とは
司法書士が得意とする不動産登記の中に、「相続登記」があります。
相続登記とは、故人から受け継いだ財産の中に不動産がある場合に、
不動産の名義を相続人の名前に名義変更手続きを行うこと
をいいます。
相続登記を司法書士に依頼すると、戸籍謄本の取得代行や相続人同士の遺産分割協議書の作成代行などを
任せることができます。
一言に不動産の名義変更を行うといっても、戸籍謄本や除籍謄本等の必要書類を揃えたり、
相続人が未成年であれば特別代理人の選任申立をしたり、相続人が多数いれば
遺産分割協議書(相続人全員の署名捺印)を作成したりと、
個人的に行う手続きとしてはとても手間と時間がかかります。
このような手間を省くためにも、相続登記に詳しい司法書士に依頼することで
円滑に手続きを進めることができます。
司法書士とのやり取りは主に郵送となりますが、
司法書士に依頼をしてから1カ月ほどで相続登記が完了するのが一般的です。
 
●抵当権抹消とは                             
司法書士が行う業務の中に不動産登記がありますが、不動産登記をするケースの一つとして
「抵当権抹消」があります。
土地や建物を購入するときに住宅ローンを組みますが、金融会社は借入の条件として
抵当権を設定し不動産を担保に入れます。
住宅ローンの支払いが滞り返済ができなくなった場合、債権者である金融機関は
担保に入れた不動産を裁判所に売却してもらうことで返済額を回収するようになります。
ここでいう「抵当権抹消」とは、金融機関に借り入れていた住宅ローンの返済が完了したときに行う、
抵当権の登記を消すこと
を指しています。
抵当権抹消を行わないと不動産の売却ができない場合や、新たに融資を受けて不動産を担保にすることができない
といったことがあります。
そのため、住宅ローンの返済が完了し、金融機関から” 抵当権の登記を抹消する書類”が
送られてきたら直ぐに抵当権抹消の手続きをするようにしましょう。

大阪 司法書士

過払金 大阪